引越し

12月の引っ越し

私は呉服・着物・バックなどを小売りする会社に勤めておりました。店は全国に150店舗ほど展開していましたので、数年に一度転勤の声が掛ります。
12月の10日過ぎに部長から隣の市への転勤が告げられました。隣町には車で1時間くらいのところで、海沿いにある街なので時々釣りに行ったりなど馴染みのある町でした。
早速転勤の準備を始めました。転勤先の店長に電話をして、地元の不動産屋さんをあたってくれるように頼みました。ほどなく返事が返ってきて物件が無いというのです。無い?人口12万人の市ですから、田舎でもそこそこ大きな町です。部屋が無いなどという事があるのかと思いました。
冷静に考えてみると12月も半ばとなると、師走で人も街も慌ただしくなります。人の動く引っ越しなども前半には終わっているのかもしれません。20日までには引っ越しをするという時間的な制約も、部屋探しのネックになっているのかもしれません。理由を詮索しても仕方がなく、12月21日には新しい店に出勤する段取りになっています。

私は単身赴任だったので身は軽かったのですが、15日になっても部屋が決まらず、引っ越しの予定も組めずに焦ってきました。自分で現地へ行って探してみることにしました。主な不動産は全滅でしたが農協で1件紹介できると言います。ああ良かったと思いながら農協を訪ねました。担当者が言うには今人が住んでいて、20日に引き払い、2T日は部屋のリフォームに必要という事で事前に部屋を見る余裕が無いことになります。
部屋は見たかったのですが、築3年の物件で比較的新しそうだし他にないのでそこに決め22日にいきなり引っ越しと決めました。
20日はホテルに泊まって21日にはそこから出勤しました。本当に慌ただしい引っ越しでしたが、部屋は3部屋もあって新しくて大変気に入りました。次の転勤引っ越しまで4年住みました。
引越し 宅急便 料金の相場は?